中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ つづき塾の教育理念 ~自ら考える力~ ≫

つづき塾の教育理念 ~自ら考える力~

つづき塾では、中学受験のその先に“つづく”学びとして、「自ら考える力」を養うことも重視しています。
これからの数十年で、人々が行う様々な仕事が機械によって行われるようになる、という未来が、まことしやかに語られています。
機械化の是非はともかくとして、そうした未来社会においては、創造的な仕事をする能力が重要になることは想像に難くありません。
創造的な仕事のためには、「自ら考える力」が不可欠です。
自ら考える力を養うために、つづき塾が重視するのは、いわゆる「百聞は一見にしかず」を意識した、座学と現実が結びついた学習です。
 
中学受験では、短い時間での膨大な範囲の学習が求められるため、テキストの内容の暗記に終始してしまいがちです。
しかし、それでは学んだことの理解は深まらず、中学受験の先に“つづく”学びとはなりません。
 
一方つづき塾では、週末に実験教室や自然公園などでのフィールドワークを行うことを通して、座学と現実を結びつけた教育の実践を行います。
理科や社会においては、座学と現実が結びつくことによって子どもの興味が深まり、テキストの内容を越えて、自ら考えることができるようになります。
脳科学的に考えても、記憶と体験が結びつくことで、長期記憶が可能になるため、効率的な学習法と言えます。
さらに、現実での体験は、国語の文章を読む上でも役に立ちます。
例えば、多くの子どもが苦戦する「小説の情景描写」については、たくさんの本を読むよりも、実際に現実を観察し、拙くても言葉で表現してみることが重要です。
現実の光景を自分で表現してみて、改めて、小説の情景描写を読んでみる。
そのような体験を通して、情景描写への理解が深まります。
 
また、自然に囲まれた環境では、子どもたちは普段よりも、自由な状態です。
学校と異なり、「しなければいけないこと」がはっきりと決まっていない時間を楽しむためには、やりたいことを自ら考えることも必要です。
私たちはそのような機会においては、積極的に子どもたちの「やりたいこと」を尊重することで、自ら考える力を養いたいと考えています。
 
近年、大学受験のセンター試験が廃止され、思考力や表現力が求められる共通テストが導入されました。
中学受験もその影響を強く受けています。
中学受験においても、その先においても有効な学習を、つづき塾では目指して参ります。
 
 
2022年04月12日 10:51

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら