中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ 反抗期の対処法② ≫

反抗期の対処法②

こんにちは。中学受験コンサルティングタカベルの高畑です。

 

前記事にて、反抗期は「こどもに選択権を持たせること」「感情的にならず、成長ととらえること」が重要であると記しました。

 

なぜ、急に反抗期ネタを記しているかというと、5年後半から6年前半は心が最も不安定になる時期。受験までまだ時間があるし、自分の立ち位置が分かってくる。ここをうまく乗り切ることが中学受験ではとても、大切です。

 

さて、今日は第二弾を紹介します。紹介するといっても、反抗期に特効薬はありません。

 

親御さんが意識をして、行動を改善していくしかないのです。反抗期に「やってはいけないこと」をしないことに徹するしかありません。

 

まず、反抗期の子どもは第三者の話はよく聞く傾向にあります。

 

一人で抱え込まず、塾や学校の先生をうまく利用して、悩みを打ち明けましょう。

 

子どもに伝えたいことがあったら、「丁寧に取り組むよう、伝えてもらえませんか?」などと、周りの力を借りて望ましい行動をとらせることが肝要です。

 

加えて、とにかく前向きな言葉をかけ続けること。

 

偏差値や自分の立ち位置が分かってきて、子どもながらにとても不安なのです。

 

「仲のいい○○ちゃんは上のクラスなのに私は…」

 

「今の偏差値だと、○○中学校に絶対に受からない…」

 

「どうすればいいの?」「誰か助けてほしい」

 

「でも、親にひどいこと言っちゃったから頼れない…」

 

こんな精神状態なのです。

 

受験という未知の世界に飛び込まなければならず、怖いのです。

 

誰かに、「大丈夫だよ」と言ってもらいたいのです。

 

だから、「大丈夫だよ」を繰り返すこと。

 

中学受験がどんな結果になろうと人生が終わるわけではないし、中学校に進学できなくなるわけもありません。

 

こうした懐の深い姿勢で親御さんが接してあげること。これしか、ありません。

 

① 成長と捉えること

② 感情的にならないこと→冷静さを装うこと

③ 周りの力を借りること

④ 不安であることを理解してあげること

⑤ 前向きな言葉をかけ続けること

 

反抗期の特効薬はありません。こうしたことを意識して、子どもに接してあげてください。

 

100%に近い状態で学習に臨めるよう、環境を整備してあげること。これが、親御さんの一番の役目です。

2022年04月21日 14:01

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら