中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ 週テストはできるけど… ≫

週テストはできるけど…

こんにちは。中学受験コンサルティングタカベルの高畑です。

 

モチベーションを保つことは大人でも難しいです。

 

単調な仕事、上司からの叱責、プライベートでの悩み、心身の疲労…誰もが一度は経験があるのではないでしょうか。

 

大人ですら難しいのですから、子どももなおさらです。

 

毎年、5~6月は学校生活のみならず、学習面においてもモチベーションが下がる時期でご相談が後を絶ちません。

 

詳しくは今月に記したモチベーションアップ術がそれを解決する一助になりましたら幸いです。

 

かくいう私も創業から14か月駆け抜け、先日初めて慰安旅行を開催しました。

 

気心知れた仲間との旅行は心身ともに良きリフレッシュとなり、より一層タカベルご利用者様、つづき塾へと動く原動力になりました。

 

さて、本日は「週テストではできるけど…」というテーマで執筆したいと思います。

 

中学受験を進めていく中で、よくあるケースが週テストではよい結果を収められるのだけど、組み分けになると…というお悩み。

 

これにはいくつも原因がありますが、本日はその解決策の一端をお示ししたいと思います。

 

①制限時間つきトレーニングの不足

 

週テストは問題数や問題の難易度も組み分けに比べ易しく、時間配分の必要性がさほど必要ありません。

 

ところが、入試を見据えた組み分けテストなどは様々な難易度の問題がちりばめられています。

 

これは時間配分が重要な要素となってきます。したがって、日ごろの家庭学習の段階から制限時間つきでタスクに取り組ませる練習が必要になってくると言えます。

 

予習シリーズの基本問題を15分でこなすなどのトレーニングを組み分け前の週に取り組むとよいかもしれませんね。

 

②週テストのための勉強を行わない

 

「週テストではできるけど…」という内容と相反するかもしれませんが、これが非常に重要となってきます。

テストがあるといい点を取らせるために、どうしてもそれに向けて必死で勉強させてしまいがちです。

 

ところが、こうした目先の勉強を行うと、算数解法丸暗記・読解後回し・理科社会詰込みと最悪の事態に陥ります。

 

こうした勉強法の最大の問題点は、「その場しのぎ」の勉強であるという事です。

 

「その場しのぎ」の勉強は、その名の通り、長期定着につながりません。

 

算数は解法説明、読解は精読トレーニング、理社は音読や映像視聴を交えてから問題を解くことが重要です。

 

短期記憶にならない、長期記憶につながる勉強法を日ごろから心掛けることが、組み分けでできるようになる最大の近道です。

 

週テストはあくまでも健康診断。この視点を忘れないことが非常に重要であると言えます。

 

2022年05月31日 11:36

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら