中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ 夏期講習のスケジューリング ≫

夏期講習のスケジューリング

こんにちは。

 

中学受験コンサルティングタカベルの高畑です。

 

連日の猛暑がいよいよ夏休みの訪れを感じさせるようですね。

 

6年生の夏休みは基礎事項の徹底の最後の時期、5年生以下の夏休みは2月~始まった新学年の消化不良を取り除く重要な時期となります。

 

人格形成に大切な小学校生活ですから、勉強と体験・遊びのバランスを考えながら充実した夏休みをと言いたいところですが、昨今の教材改訂をはじめとして、どうしても勉強によってしまいがちですよね。

 

そこで、優先順位を立てましょう。

 

下記がその優先順位立ての一助となれば幸いです。

 

~6年生~

 

・算数

 

①「比」「割合」「平面図形」「立体図形」「速さ」この5分野が絡む苦手分野の強化

 

②上記以外での苦手分野の強化

 

・国語

 

①1日1題は読解問題をじっくりと取り組む(制限時間は不要です)

 

②語彙、漢字の強化

 

③記述に特化したトレーニング

 

・理科

 

①物理・化学の計算分野の苦手克服

 

②生物・地学の積み上げ

 

・社会

 

①3分野の最も苦手克単元克服

 

②ニュースに目を光らせる

 

6年生は塾の拘束時間・宿題が多くなり、副教材や本当に強化しなければならない点に十分な時間を捻出することが難しいのが現状かと思います。したがって、上記の算数①、国語①、理科①を特に優先して取り組んでいきましょう。

 

一方、5年生以下は1にも2にも算数・国語の強化です。この段階で消化不良が積み重なると、特に算数は「比」が始まる後期からつまずいてしまいます。

 

算数の苦手分野、国語の精読を重点的に取り組んでいけるとよいですね。

 

昨今の中学受験は拘束時間・宿題と求められるタスクが多く、日々の宿題をこなすことで精一杯かとは思いますが、すべての単元が入試問題で問われるわけではないですし、問われる単元で苦手があってはまずいわけです。

 

この観点に立てば、夏休みの塾との付き合い方や家庭学習の質は成否を握ります。

 

1年に1度しかない、全員に平等な40日という長期間にも及ぶ夏休み。有意義に過ごせることを祈念しております。

 

※タカベルは受け持ちの6年生の家庭教師対応、つづき塾の立ち上げ準備、既存のご家庭のスケジューリング相談対応により、8月末までは新規募集を停止しております。ご了承ください。

 

https://takabell.com

2022年07月05日 12:56

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら