中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ2021年 ≫ 1月 ≫

2021年1月の記事:ブログ

「新学年で出遅れないために」

いよいよ明日から2月。中学入試を迎えます。今まで親御さんやお子さまは幾多の苦労をしてきたかと思います。全員が納得のいく結果で終わることを願っています。我々の6年生も厳しいカリキュラムを要求した時もありましたが、自信を持って中学受験を迎えられそうだというお声をいただき、あとは結果を待つのみといった感じです。

さて、中学入試が終わると学年が一つ上がり、新たなステージへと突入します。今回は新学年で出遅れないために身につけておきたい上半期の過ごし方について記します。(成績低迷気味の方向け)

①新6年生
・夏までに基礎固めを行いましょう。
・計算、一行問題、漢字、言語は毎日。
・宿題の見極めと算数の4年生からの単元を1週間2単元のペースで
・理社は宿題のみ などなど

塾は演習中心となりますが、基礎が抜けた状態で演習を行っても時間の無駄です。1kmしか走れないランナーに5km走らせているのと同様です。成績低迷脱却のポイントは基礎に立ち返る、急がば回れ戦術です。

②新5年生
・塾の宿題のサイクルに慣れる(3月まで)
・計算、一行問題、漢字、言語は毎日
・家庭学習でアウトプットを増やす
・読解は1題を3日に分けて毎日
・理社は宿題のみ

5年生は受験において最も振れ幅の大きい時期です。質・量が急激に高まり、脱落者が一番増えるのも5年生です。まずは、最初の2ヶ月で塾の宿題のサイクルに慣れること。ここで適切なスケジューリングをできなければ、今まで上位だった子も脱落します。また、家庭学習でアウトプットを増やすこと。「なぜ、そのような答えを選んだのか」「どうやって解いたか」の確認が5年生では特に重要です。

③新4年生
・計算、漢字、音読を毎日
・勉強嫌いにならないために量を調整
・60%を算数に注ぐイメージ感

特殊算が本格的に登場する4年生。好奇心旺盛でまだゆとりのあるこの学年は基礎学習の習慣化と算数で遅れをとらないようにすることが至上命題。こちらもまずは新学年のペースをつかみつつ、算数の強化を上半期までで図りましょう。

成績逆転の方策は勉強嫌いにならない時間の中で、本当に必要なことをチョイスすること。新学年は子供が1年で最も学習モチベーションが高い時期。心機一転、逆転の1年を過ごしましょう。
2021年01月31日 10:00

「成績下位からの逆転秘策③」

成績下位に低迷するお子さんが逆転する秘策を続けて紹介します。
前回、宿題を度外視にしたスケジューリングについて記しました。

今回はより踏み込んで記していきたいと思います。

①テキストに書き込みをせず、ノートに記す

テキストに書き込みをしてしまうと、やり直しができなくなってしまいます。成績が低迷するお子さんはやり直しの量に問題があると感じます。直してできたつもりになるのは勉強において、危険です。やり直しの質を高めるために、問題はノートに解きましょう。

②○△方式を導入。

問題を解いた時に、自信をもって正解できたら無印。正解したが、自信のない問題は△、不正解は○をテキストの問題番号につけましょう。時間は無限ではありません。やり直しの精度を高めるためにもできない問題の洗いだしをしておきます。

③家庭内確認テストを実施

仕事算のテキストに取り組んだら、間違えた問題をその日のうちにやり直しをします。次の日にテスト形式で確認をしましょう。この作業を行うことで学習の精度が高まります。

成績を上げる秘策を記しました。良ければご参考までに。
2021年01月31日 09:00

「成績下位からの逆転秘策②」

成績下位からの逆転秘策。今回は全学年に対応した秘策をご紹介します。

結論から言うと「家庭学習のスケジューリング」にあります。

しかし、これは闇雲に宿題だけやればよいわけではありません。なぜなら、宿題だけをこなしていたら差は埋まらないからです。そればかりか、上位クラスはレベルの高い問題が宿題に出され、下位クラスはレベルのやさしい問題が宿題で出されるため、差は埋まるどころか広がっていく一方です。

しかも学年が高くなればなるほど、普段出されている宿題すら分からない状況に陥ります。算数は割合や食塩水、図形の基礎的な部分が理解できないと比の単元を学習しても仕方がないのです。

つまり、成績下位から逆転するには宿題を度外視にしても苦手分野の克服に特化したスケジューリングを組む必要があるのです。受験は6年生2月に桜が咲けばよいのです。4、5年生で周りよりも遅れていても最終的に勝てばよいと考え、今は着実に苦手分野を抑えていく戦略へとシフトしましょう。
2021年01月28日 17:00

「成績下位から逆転」

新6年生の相談が相次いできました。

6年生で成績を下位から逆転するにはズバリ塾の宿題を度外視にすることです。

大手塾の場合、5年生までで新出内容は終了しています。つまり新6年生からは演習中心への学習へとシフトしていきます。誤解を恐れずに記すと、基礎が抜けた状況で演習に取り組んでも、それは全く無意味な時間です。その時間があるのなら、もう一度4・5年生の内容で抜けている部分を洗い直し、夏を迎えた方がはるかに効率的であると言えます。

手段としては大手塾に通ったまま、宿題は度外視して、上記内容に充てる。一方、塾をやめて個別や家庭教師を利用して基礎の洗い直しを行う。どちらをとるかは志望校次第と言えます。

いずれにしても、夏休みまでに基礎の洗い直し。夏休み~秋に演習。秋以降に過去問。下位から逆転する1年間にするには、断言できます。これしかありません!!
2021年01月23日 11:20

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら