中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ Aクラスからの逆転合格術 ≫

Aクラスからの逆転合格術

こんにちは。中学受験コンサルティング タカベルです。
今回から、実際に担当したAクラスからの逆転合格を果たしたご家庭へ行ったアドバイスをご紹介していきます。
このご家庭の状況は以下の通りでした。
・4年生からサピックスに通塾
・入塾当初は中位クラスだったが、4年生後半からAクラスになり、一度も上がれず5年生に。
・5年生5月からタカベルに入会。
このご家庭は、お父様が学習を一元管理していました。クラスが上がらないことに焦りを感じていたのか、怒鳴りながら深夜2時まで勉強を行うことも多々。我々がまず手を付けたのが、子供に対する姿勢を変えること。強調したのは、「怒るのではなく、叱る」「叱るポイントは1つに絞ること」これをとにかく、強調しました。
怒ると叱るの違いは難しいですが、我々はこのように定義しています。怒るとは、自分のために行う行為。叱るとは、相手のためを想って行う行為。全然違います。わかりやすく言うと、周りの親の目や評判が気になるから「怒る」これには感情や思惑が入ります。何とか頑張ってほしいから「叱る」これは子どもの行動を改めるために行う行為です。
怒ることをやめ、叱ることに徹すれば、結果で責めることはなくなります。なぜなら、出た結果で感情的に怒っても、子どものためにはならないからです。
では、どのような視点で叱ればよいのでしょうか?
それは、たった一つ。「やるべきタスクを丁寧にこなさなかった時」のみです。成績が低迷している子は簡単な問題で失点しています。計算ミスや漢字… これは、普段から丁寧に行う姿勢が不足しているからです。そして、叱るときにもポイントがあります。タカベルは学習指導の中で、このように叱ります。
「一生懸命やっているのに、もったいなくない?」と。
ポイントは枕詞。「一生懸命やっているのに」というところです。いったんは子どもの頑張りを肯定してあげましょう。これがあるかどうかで、子どもの受け止め方は大きく変わってきます。
成績低迷からの脱却はまずは、自信を回復させること。丁寧にこなすことは能力関係なく、だれでもできること。これを叱りのたった1つのポイントと決め、肯定→反省 という流れで接しましょう。
タカベルは徹底した子ども目線で、成績を再生していきます。
 
2021年03月13日 09:00

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2022 (2)

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら