中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホーム ≫ 代表挨拶 ≫

代表挨拶

代表
この度はタカベルのHPにご訪問いただき、誠にありがとうございます。
タカベルは皆様のお力添えやご愛顧をいただき、お陰様で2024年に4期目を迎えることができました。この間ご利用いただいた多くのご家庭や関係各位の皆様に御礼を申し上げます。
まず、私共がこのサービスを通して、ご家庭・子どもたち・社会に訴えたいことを記させていただきたいと思います。
それは、「中学受験はゴールではない」ということです。
私は3月生まれ、徒競走練習で逆走、4年生で迷子の呼び出しと、学年対比でも超がつくほど幼い子どもでした。そんな子が苦労せずに中学受験を送れたのかと言えば、言わずもがな。大手進学塾サピックスに入塾したものの、周りのレベルの高さに圧倒され、周りが10理解できても、3~4しか理解できない。当然そのような状態で帰宅をするわけですから、消化不良の取り除きから勉強はスタートします。それも呑み込みが遅いので、人の倍くらい時間がかかりました。それに加え、クラスが落ちたら家を閉め出され、怒られる毎日でしたので、自己肯定感どころか小学生らしい小学生生活はほとんど送れなかったと記憶しています。
しかし、そんな苦労した小学校生活が一変したのは入った芝中学・高校にて。
学力や経済的感覚に近しい友人に恵まれただけでなく、はじめてありのままの自分を受け入れてくれる恩師との出会いをきっかけに、「指示待ち人間」だったのが、「考え抜く人間」へと変貌をとげることができました。高校の卒業式総代で答辞を読ませていただいたこと、6学年をまとめて体育祭の委員長に就任したことは思い出ではなく、今にも通ずる圧倒的自信につながりました。そこで、人は環境によってこんなにも変わるのかと、教育の大切さを学びました。そして、中学受験をさせてくれた親への感謝の気持ちを持つことができました。
しかしながら、教育に携わる人間が社会経験を経ずに「先生」と呼ばれる立場になってもよいものなのか。大学時代は塾で働きながらも、この違和感を常に抱きながら進路を決めかねていました。
結局、新卒ではメガバンクへの就職を決めました。この判断は正解であったと常に感じます。
上司や先輩から、「社会人とは何たるか」を叩き込まれ、たかだか20代前半で多くの経営者の方とお話をさせていただいた経験は決して無駄なものではありませんでした。
4年勤務をしたのちに、教員への転身を決意しました。
入職した私立小学校は中学受験に特化した学校であり、奇しくも自分の人生の出発点である中学受験に再度携わることになり、人生はつくづく輪廻の連続であるなと感じました。
後半に受け持ったクラスでは、こうした自身の経験を踏まえ、子供たちに「とにかく考えさせ、正解は与えない」ことを教育理念とし、学級経営を行っておりました。
しかし、学校内のクラスと塾内のクラスに追われ、両方のテストに苦しんでいる子たちの姿を見て、「これはいかん。」と思い、タカベルの創業を決意しました。
 
長々となりましたが、人生は何が起こるか分からないものです。
今の日本社会であれば、学歴を手にすれば少し有利に働く場面もまだあるでしょう。
しかし、学歴があれば、世の中で活躍できる保証などどこにもありません。
 
結局は自らの頭で考え、行動することで、生きる力を身につけること。
 
これに尽きると思います。しかし、「やっても結果が出ない」「頑張っているのに褒められない」子がそのまま大人になったら、行動をしようという原動力にはつながりません。
なぜなら、「失敗の経験」の連続だった子は、失敗を恐れるようになるからです。
であるからこそ、私は「中学受験で○○中学に合格した」というゴールよりも、私が手にできなかった「中学受験で考える力や自己肯定感を獲得した」と感じてほしいのです。
 
そのために、私共のコンサルティングでは宿題にとらわれず、お子さんにとって無理のない学習計画で成果を得ること。コーチングではお子さんが決めた短期・中期・長期の目標に向かって、時には励まし、時には叱咤で伴走すること。家庭教師では指導のみならず、ほめのシャワーでモチベーションを上げること。これを徹底して3年間走りぬいてきました。
 
4期目も新メニューを仲間に加え、すべての中学受験ご家庭に対し、できることを「考え」、寄り添うことをお約束いたします。
1組でも多くのご家庭とお目にかかれますこと、心待ちにしております。
 
                    中学受験コンサルティングタカベル 代表
 高畑 洋平
                              
「ご利用者様の声」はこちら
プロフィール
<プロフィール> 高畑 洋平
中学受験コンサルティングタカベル 代表

~タカベル代表 高畑洋平 経歴~
 
1991年、横浜市日吉生まれ。
横浜市公立小学校に通いつつ、小学4年生から中学受験を開始。
5年生からサピックスにてつらい中学受験生活の末、芝中学・高等学校に進学。早稲田大学商学部に在学中、大手塾塾講師として4年間勤務。
メガバンクに新卒入社し、約4年間勤務。在職中に教員免許を取得し、中学受験に特化した私立小学校担任として、約4年間勤務。退職後、中学受験コンサルティングタカベルを創業。
GLAYと浦和レッズをこよなく愛する。               
 
合格実績:雙葉、早稲田、明治大付属中野、成城学園、立教女学院、洗足学園、慶應湘南藤沢、市川、東邦大東邦、青山学院浦和ルーテル、淑徳与野、浦和明の星女子等多数
 
著書:「タカベル流 中学受験合格者が行った15の逆転策」(デザインエッグ社)

 
<著書>
「タカベル流!中学受験合格者が行った15の逆転策
~子ども目線の学習法と戦略で逆転合格~」
書籍紹介・お申し込みはこちら

<座右の銘>
為せば成る、為さねばならぬ何事も。
 
<好きなスポーツ>
サッカー観戦、水泳
浦和レッズのサポーターをしています!
 
<好きな食べ物>
痛風になりやすい食べ物、ラーメン
健康的な食事をコンサルしてほしいです…
 
<好きな音楽>
GLAY、GARNET CROW
 
<尊敬する人物>
イチロー
 
<一言メッセージ>
全力投球で一つでも多くのご家庭を救います!

お問い合わせはこちらから

無料面談のお申し込みはこちらから

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2024 (4)

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら