中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホームブログ ≫ わたしの中学受験③ ≫

わたしの中学受験③

おはようございます。中学受験コンサルティングタカベル代表の高畑です。

世の中は「人」だなと常々思います。事業を立ち上げる際にも、数多くの人に助けられました。
web関係に弱く、ホームページ制作やwebマーケティングに困っていたら、それに明るい友人が全面的に協力してくれました。
新しいサービスの発信の仕方などのビジネスモデルについての悩みを助けてくれる友人もいました。
書籍の構成など、文章に明るい友人にも助けられました。
もちろん、私のサービスを手伝ってくれる業者さん、我々を信頼していただき、子どもの教育について一緒に真剣に考えてくれるご家庭等…

数多くの人に支えられ、今があると思います。しかし、振り返ってみると、小学生時代の私からは想像がつかない今です。
こうも社交的になれたのも、中学高校の生活がとても恵まれたものだったからだと思います。
つらかったのも中学受験、今を与えてくれたのも中学受験。
であるからこそ、中学受験という厳しい世界で、一人でも多くのご家庭を救いたい、一人でも多くの子どもが将来に希望を持てる中学受験生活を送ってもらいたいという想いから、このサービスを展開しています。

さて、本日も私の中学受験生活の続きについて記したいと思います。

漢字、計算、水泳… 本当にこの3つしか、取り柄のない幼少期でした。
しかし、この3つは周りからも一目置かれており、幼少期の心の支えでした。
自己肯定感って、本当に大切です。
この3つがなかったら、自分には全く価値のない人間という想いを抱えながら毎日を生きていたと思います。
自己肯定感がないと、行動を起こそうというエネルギー源になりません。

だって、徒競走で逆走するんですよ?周りができている作品を10回やり直しをさせられるんですよ?
人よりも遅れている、人よりも怒られる回数が多い…
そのくせ、プライドは人一倍高かったのでしょう。
できないことを「できません」「教えてください」ということが言えない子どもでした。
こうした性格が邪魔をしたのか、なにか生きづらさを抱えながらの毎日でした。

そんな私の唯一の楽しみだったのが、1~4年生まで通った公文とスイミング。
ここでは、自分の得意分野をいかんなく発揮できます。
算数は因数分解まで進んでいたのではないでしょうか。
漢字は高校生レベルのものを勉強していました。
水泳は200mメドレーをこなすくらいになっていました。
周りからすごいと思われ、先生やコーチからも目いっぱい褒められる。
私の唯一の心の居所でした。

でも、最初からできるようになったわけではありません。
他にも習っていたピアノや書道はまるっきりダメでした。
やっていくうちに、自分の得意分野を見つけていったように思います。
だから、幼少期の習い事って本当に大切です。
なんでもいいんです。
1つでも心のよりどころを見つけてあげるだけでも、やらせる価値は高いと思います。
実際、小学5年生からはサピックス一本での中学受験生活に突入します。
それまで得意分野と考えていた計算や漢字はできて当たり前、水泳もやめてしまったことから、自己肯定感が全く育まれない、私にとって人生で最悪の2年間に突入することになります。

次回は私の地獄の小学5年・6年の体験記について記したいと思います。
2021年04月03日 09:00

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2022 (2)

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら