中学受験コンサルティング タカベル

家庭教師 × コンサルティング 学習指導と効果的家庭学習で成績アップ!!

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

Aクラスからの逆転合格術⑤

さて、前回は計算に関しての取り組み方を記しました。

今回は、一行問題や基本問題に対して我々が行ったアプローチを記したいと思います。

 

「40mおきに8m間隔で木を植えます。木の本数は何本になりますか。」

こういう問題があったとします。中学受験では初歩的な植木算の問題ですね。このお子さんは以下のように機械的に解いていました。

40÷8+1=6

 

これ、算数でありがちな「やってはいけない」勉強法です。

なぜなら、そこに理解というプロセスが一切ないからです。

算数が苦手な子にかぎり、このように解いています。この単元だけがテスト範囲なら対応できます。しかし、この学習をした半年後は間違いなく忘れています。これが、マンスリーテストや月例テストではできるけど、組み分けテストになるとできなくなるという現象につながるのです。

では、どうすればよいか。ひと手間を加えるだけで、学習が改善します。

 

40÷8=5…間の数

5+1=6…木の数

 

このように、日ごろから「自分は1つの式で何を求めたのか?」を書かせ、意識させることが算数の苦手な子においてはとても重要です。2つの式が入り混じるから、嫌いになるのです。一つ求める→何を求めたかの確認→次の式へ移る

このように順序だてて式を書くことが重要です。偏差値35から2年間で60の学校に合格したこのお子さんも、最初の2か月は計算と1行問題・基本問題に特化しました。特に、1行問題・基本問題は毎回のようにノートをチェックし、こうしたプロセスが丁寧に書かれてあるかどうかを厳しくチェックしました。機械的にやったものは忘れるのも早いです。まして、学年が上がるにつれ、インプットしなければならない量が増えてきます。前学年の取りこぼしが多いのは「暗記算数」となっているからです。

 

次回は、もうひと手間加えて、算数の定着を図る勉強法を紹介します。
2021年03月18日 09:00

Aクラスからの逆転合格術④

こんにちは。
中学受験コンサルティングタカベルです。

さて、前回の記事で算数に特化したスケジューリングを組んだとお伝えしました。5年生で宿題を度外視し、4年生のものを扱うことは相当勇気のいる決断でした。しかし、これが功を奏し、5年生5月の時点で偏差値35の子が四谷大塚偏差値60の学校に逆転合格を果たしたわけです。

まず、このお子さんを受け持った時に抱いた印象はとにかく「真面目」

 

与えられたタスクはきっちりこなしますし、なんとかしたいという想いもある。ところが、真面目が故に「できない自分」「周りと比較して、下位にいる自分」にかなり思いつめていました。そこで、自信を回復させることを主眼に置き、前学年のものを丁寧に扱う戦略へと切り替えました。

さて、算数に特化した最初の2か月。与えたタスクは、計算・一行問題・4年生の復習・5年生の新出単元の基本問題に絞りました。与えられたタスクが難しく、自信を失っていたわけで、まずは成功体験を多く積ませたいと考えました。その代わり、本人にもご家庭にも約束をさせたことが一つだけあります。それは、「とにかく丁寧にこなすこと」

 

点数やクラスはその時の状況によって、すぐに上げることは難しいです。ところが、丁寧にこなすことは能力関係なく、だれにでもできることです。とにかくこれを徹底的に約束させ、指導していきました。

なぜ、そう感じたのか。最初の指導時、計算問題を解く様子を見ていました。

15×2+6÷3という問題があったとします。苦手な子は元来、以下のように解かなければいけません。

 

15×2+6÷3

 

①…15×2=30

②…6÷3=2

③…30+2=32

 

元来はこのように丁寧に解く必要があります。なぜなら、成績が低迷している子は計算問題、基本問題の失点が非常に多いからです。このお子さんはすべて、頭で処理を行っていました。まずは、途中式を必ず書くように徹底反復で指導をしました。これが功を奏したのか、2か月後には計算ミスが全くなくなり、テストでの失点もなくなりました。次回は、一行問題の指導について記します。

 

中学受験は6~6割5分の合格点をとる戦いです。難しい問題は解ける必要がありません。基本的な問題でいかに失点しないかの戦いです。練習で120パーセントの力で臨まなければ、本番で100パーセントの力は出せません。計算と基本問題、これをとにかく丁寧に行わせました。スピードは後からついてきます。大手塾では量をやらされるため、スピードがないとすべてをこなすことができないように教材ができています。しかし、これが落とし穴なのです。千里の道も一歩から、苦手な子は作業の丁寧さを追求しましょう。
2021年03月17日 09:00

Aクラスからの逆転合格術③

こんにちは。
中学受験コンサルティングタカベルです。

今回は、具体的にどうスケジューリングをして、再生させたかの一端をお示しします。再度、このご家庭の申し込み当時の現状を記します。

・小学4年生から大手塾に通塾。

・小学4年生後半から最下位クラスになり、5年生の4月までキープ。

・5年生5月からタカベルに申し込み。

前回と前々回で「モチベーション」と「スケジューリング」を重視したと記しました。加えて、5年生の段階では算数と国語が重要であることも記しました。今回からはより踏み込んで、記していきたいと思います。

さて、このお子さんは特に算数に対して抵抗感を抱えていました。ところが、中学受験において、算数の強化なくして成功はありません。

そこで、算数のスケジューリングについて慎重に判断を行いました。5年生の5月であること、後半になってくると「比」が入ってくることを考え、4年生の復習を重点的にスケジューリングに盛り込みました。

4年生の内容であれば積み残しがあるとはいえ、そこまで難解ではないため、取り組むハードルは低くなります。2か月間、4年生の算数の復習と5年生で与えられる日々の計算・一行問題をじっくりと取り組みました。モチベーションともリンクしますが、子どもの学習において大切なことは、「成功体験」をいかにして感じさせられるか。自信もなく、学習に対してモチベーションが湧かない子はできる問題を一つ一つこなしていき、自分の力で解けるようになったと実感させてあげること。

これが功を奏したのか、2か月が経過すると、4年生の積み残しもなくなり、5年生の授業内容にもついていけるようになりました。何よりも大きいのは、子どもの自己肯定感が回復してきたこと。今振り返ると、一番この点が大きかったと思います。

中学受験は「急がば回れ」。クラスが気になる気持ちもわかります。周りの子と比較してしまい、焦る気持ちも理解できます。しかし、現状に苦しんでいるのであれば、アプローチを変えなければなりません。

適切な学習スケジューリングをもとに、モチベーションを高める。学習の成功にはこれにつきます。
2021年03月16日 09:00

Aクラスからの逆転合格術②

こんにちは。中学受験コンサルティング タカベルです。
昨日に続き、我々が実際に担当した大手塾Aクラスから逆転合格を果たした例をもとに、その秘訣を記したいと思います。
前回は「モチベーション」が大切であると記しましたね。我々が「モチベーション」と同じくらい、中学受験において重視していることがあります。
それは、「スケジューリング」です。
スケジューリングとは適切な学習計画を指します。今回はその一端について、お示しできればと思います。
4・5年生であればなおさらですが、理科・社会が得点源となっている中学受験は大変危険です。6年生の後半から、どの受験生もこの2科目には力を注いできます。すると、今までは偏差値が良かったこの2科目も上がらないどころか、周りがレベルアップするので下がります。そして、算数と国語は6年生後半からはもう伸びません。つまり、受験の全体戦略を考えると、4・5年生で算数・国語に苦手を抱えていると、かなり危ない中学受験となります。
しかし、多くのご家庭はクラスに目移りします。たしかに、マンスリーテストや月例テストで結果を残すだけであれば、理科と社会に注力したほうがクラスは維持しやすいです。なぜなら、暗記科目であるため、一夜漬けでも点数が取れてしまうからです。タカベルが短期的にクラスにこだわってはいけないという理由はここにあります。上げやすい科目だけに注力し、本当に上げなければならない科目を見失う危険性があるからです。
このご家庭、5年生5月の偏差値は35。しかし、最終的には偏差値55の学校に合格を遂げました。もちろん、4科目受験でです。そして、5年生の10月まではほとんど理科と社会に取り組んでいません。最初の半年はとにかく、算数と国語に特化したスケジューリングを組みました。
受験戦略は短期的な視点に陥ると、必ず失敗します。長期的な視野を持ち、今必要なことにパワーを最大限投下することが極めて重要です。
繰り返します、クラスにこだわってはいけません。クラスは必ず後からついてきます。次回は、より踏み込んだスケジューリングについて記したいと思います。
 
2021年03月14日 09:00

Aクラスからの逆転合格術

こんにちは。中学受験コンサルティング タカベルです。
今回から、実際に担当したAクラスからの逆転合格を果たしたご家庭へ行ったアドバイスをご紹介していきます。
このご家庭の状況は以下の通りでした。
・4年生からサピックスに通塾
・入塾当初は中位クラスだったが、4年生後半からAクラスになり、一度も上がれず5年生に。
・5年生5月からタカベルに入会。
このご家庭は、お父様が学習を一元管理していました。クラスが上がらないことに焦りを感じていたのか、怒鳴りながら深夜2時まで勉強を行うことも多々。我々がまず手を付けたのが、子供に対する姿勢を変えること。強調したのは、「怒るのではなく、叱る」「叱るポイントは1つに絞ること」これをとにかく、強調しました。
怒ると叱るの違いは難しいですが、我々はこのように定義しています。怒るとは、自分のために行う行為。叱るとは、相手のためを想って行う行為。全然違います。わかりやすく言うと、周りの親の目や評判が気になるから「怒る」これには感情や思惑が入ります。何とか頑張ってほしいから「叱る」これは子どもの行動を改めるために行う行為です。
怒ることをやめ、叱ることに徹すれば、結果で責めることはなくなります。なぜなら、出た結果で感情的に怒っても、子どものためにはならないからです。
では、どのような視点で叱ればよいのでしょうか?
それは、たった一つ。「やるべきタスクを丁寧にこなさなかった時」のみです。成績が低迷している子は簡単な問題で失点しています。計算ミスや漢字… これは、普段から丁寧に行う姿勢が不足しているからです。そして、叱るときにもポイントがあります。タカベルは学習指導の中で、このように叱ります。
「一生懸命やっているのに、もったいなくない?」と。
ポイントは枕詞。「一生懸命やっているのに」というところです。いったんは子どもの頑張りを肯定してあげましょう。これがあるかどうかで、子どもの受け止め方は大きく変わってきます。
成績低迷からの脱却はまずは、自信を回復させること。丁寧にこなすことは能力関係なく、だれでもできること。これを叱りのたった1つのポイントと決め、肯定→反省 という流れで接しましょう。
タカベルは徹底した子ども目線で、成績を再生していきます。
 
2021年03月13日 09:00

アウトプット学習

多くの受験生が以下のような勉強で終わっているのではないかと思います。「高知県で冬の時期にビニールハウスを使い、ピーマンやナスを栽培する栽培方法は何ですか?」→ 促成栽培と答えて終了。おそらく、大半の教材がこうした1問1答形式や穴埋め形式で構成されていて、書き込みをして〇をつけて満足しているのではないかと思います。この勉強法のすべてを否定するわけではありません。しかし、このあと歴史や公民と勉強が続く中、6年生になると忘れています。また再度入れなおせばよいという声も聞こえてきそうですが、昨今の中学受験は知識を知っているだけでは太刀打ちができなくなってきています。そこで重要になってくるのがアウトプット学習です。少しの手間で学習を改善することができます。

息子:「お母さん、促成栽培覚えたよ!」
母 :「すごいね、よく覚えられたね。」
母 :「じゃあ、促成栽培ってどんな栽培なの?」
「お母さん、知りたいな」
息子:「え~っと… こうちけんで…」
母 :「そっか。高知県でやるのだね。じゃあ、何を作るの?」
息子:「なす!」
母 :「他には?」
息子:「調べてくる!」「ピーマンだ!」
母 :「いつ作るのだろう?」
息子:「冬!」

母 :「え~おかしいな。なすやピーマンは夏に美味しいのだけどな」
息子:「ビニールハウスで作るから冬に作れるのだよ!」
母 :「じゃあ、なんで高知県の農家さんは冬に作るのだろう?」
息子:「えっと…」

大半のお子さんがここで答えに窮してしまいます。なぜなら、塾や宿題では「促成栽培」を覚えることだけが要求されるからです。しかし、繰り返しになりますが、昨今の入試ではこの先のなぜ?という部分が要求される傾向にあります。

母 :「他の地域が夏に作っているときに、冬に売ると農家さんはどういった良いことがあるかな?」
息子:「高く売れる!」
母 :「よく気づいたね。お母さんに教えてくれてありがとう。
良い勉強になったね。」

こうすると子どもの自己肯定感と理解度が格段に伸びます。一見、苦痛に見える暗記学習も一手間を加えることで、やる気をもって暗記学習に取り組むことができるのです。そして、子どもはお母さんやお父さんとやり取りをした記憶は長い間、残っているものです。「勉強をしっかりみてくれた」という意識が根底にあるかどうかは、中学受験のその先の人生にも大きく影響してきます。
2021年03月08日 21:14

子ども目線の中学受験

突然ですが、皆さんはどの中学受験生活を送りたいですか?

①子ども目線の中学受験に成功
②親の考えを押し付けて中学受験に成功
③子ども目線の中学受験で失敗
④親の考えを押し付けて中学受験に失敗

おそらく全員が①か②を選ぶはずです。
失敗を最初から望む人はいないはずです。しかし、①と②では大違いです。

①の親はこういう行動を取った人です。

・「クラス落ちても、次頑張れば大丈夫」
・「まずは難しい問題じゃなくて、基礎だけお母さんと一緒にやろう」
・「どこの学校が一番気に入った?じゃ、一緒に目指そう!!」
・「今までよく頑張ってたもんね。そういう行動がとれるだけで尊敬するよ」

→自己肯定感をもって今後の人生を歩むことができます。

②の親はこういう行動を取った人です。

・「クラス落ちるなんて、もうやめたら」
・「○○ちゃんはうちと違ってすごいね」
・「まだ宿題してないの?テスト近いんだよ?」
・「絶対に○○中学を受けなさい。医者になるんだから」

→お尻を叩いて成功したとしても、中学高校でうまくいかなくなったら、間違いなく親のせい、親に反発します。

③は甘やかし、④においてはその先の人生は悲惨なものです。

本当の成功と呼べるのは①だけです。

②に育てられた子は今後、幸せになれるでしょうか?心に傷を負った状態で今後の人生を歩むことになります。

子どもは中学受験の先の人生の方が圧倒的に長い期間を過ごします。中学受験は疲弊して合格できたが、その後の戦闘力は極めて低くなります。

タカベルは①の実現へと導くコンサルタントです。子ども目線のスケジューリング、子ども目線のカリキュラム、子ども目線の学習法、子ども目線の学習指導を通して、良き社会人へ導く礎を作ります。
2021年03月08日 21:13

国語読解のジェットコースターを避けるには

我々は文章を読むときに以下の2つのいずれかの読み方をしています。

①α読み
既知の情報を読む読解です。ある会社の倒産のニュースを耳にしたことがある状態でその新聞記事を読むときはα読みに該当します。

②β読み
未知の情報を読む読解です。スポーツに興味のない人が野球の記事を読むとき等はβ読みに該当します。

国語の読解で成績ジェットコースターが起こるのは、自らが知っている知識に関する題材が出た時は点がとれるが、全く関心のない題材が出た時は点が取れなくなるためです。つまり、α読みはスラスラ読めるが、β読みは全く手も足も出ないという状態なのです。

つまり、国語の読解を安定させるにはこのβ読みで撃沈を防ぐことがポイントです。

以下にそのヒントがあります。

男の子は説明文が得意な傾向が強く、女の子は物語文が得意な傾向が強い。それはなぜか。男の子は歴史や生物に関心が深く、女の子は小説やドラマに関心が深いからです。

キーワードは「映像化」

両者ができるのは、書いてある内容が映像化できているのです。男の子は「ダーウィンが来た!」や「ねこねこ日本史」などを見ているから、活字でも説明文がスラスラ読めるのです。一方、女の子は「逃げ恥」などのドラマを見ているから、活字で書かれてある物語文、男女の気持ちや場面が読み取れるのです。

「映像化」できることにより、男の子は説明文がα読み、女の子は物語文がα読みとなるため、得点に繋がります。テクニカル的なことを除くと、生活体験やテレビ鑑賞を通じて、一つでも多くの題材をα読みにできるようにすることが大切です。

この下地を作った上で、β読みの際の精読術を学べば、国語の読解でジェットコースターは防げます。なぜなら、日本語の羅列なのですから。
2021年03月08日 21:12

逆転合格の秘訣

逆転合格を果たしたご家庭の共通点を記します。

①徹底したスケジュール管理

毎日のスケジューリングを提案しますが、これをやりきってくれました。そして、やらせきってくれました。

②計算、漢字の朝学習

学習の基本である計算、漢字。これを毎朝取り組んでいただきました。出ない学校はないですからね。

③読解と一行問題の毎日のトレーニング

入試の合格点は6割。計算・漢字・一行問題・読解を4年から磨くと自ずと合格点に近づきます。

④家庭内テストの実施

家でアウトプットをしてから塾のテストに向かう。最初は抵抗ありますが、テストに強くなります。

⑤量より質の勉強

インプットよりアウトプット。社会の用語を覚えたら、意味を説明させる。読解は1題を3日に分けて行う。量より質にシフトすると効率的です。

⑥①~⑤を4~5年前半で習慣化
演習中心となる6年からでは実は遅いのです。早ければ早いほど結果が出ます。

⑦親御さんのほどよい介入
手は離し、目は離さずのスタンスで居続けられたご家庭は成功傾向が強いです。

まだまだありますが、この項目の多くをやりきったご家庭が冒頭の逆転受験に成功しました。数年後に桜を咲かせるため、できることからはじめてみましょう。
2021年03月08日 21:11

「新学年で出遅れないために」

いよいよ明日から2月。中学入試を迎えます。今まで親御さんやお子さまは幾多の苦労をしてきたかと思います。全員が納得のいく結果で終わることを願っています。我々の6年生も厳しいカリキュラムを要求した時もありましたが、自信を持って中学受験を迎えられそうだというお声をいただき、あとは結果を待つのみといった感じです。

さて、中学入試が終わると学年が一つ上がり、新たなステージへと突入します。今回は新学年で出遅れないために身につけておきたい上半期の過ごし方について記します。(成績低迷気味の方向け)

①新6年生
・夏までに基礎固めを行いましょう。
・計算、一行問題、漢字、言語は毎日。
・宿題の見極めと算数の4年生からの単元を1週間2単元のペースで
・理社は宿題のみ などなど

塾は演習中心となりますが、基礎が抜けた状態で演習を行っても時間の無駄です。1kmしか走れないランナーに5km走らせているのと同様です。成績低迷脱却のポイントは基礎に立ち返る、急がば回れ戦術です。

②新5年生
・塾の宿題のサイクルに慣れる(3月まで)
・計算、一行問題、漢字、言語は毎日
・家庭学習でアウトプットを増やす
・読解は1題を3日に分けて毎日
・理社は宿題のみ

5年生は受験において最も振れ幅の大きい時期です。質・量が急激に高まり、脱落者が一番増えるのも5年生です。まずは、最初の2ヶ月で塾の宿題のサイクルに慣れること。ここで適切なスケジューリングをできなければ、今まで上位だった子も脱落します。また、家庭学習でアウトプットを増やすこと。「なぜ、そのような答えを選んだのか」「どうやって解いたか」の確認が5年生では特に重要です。

③新4年生
・計算、漢字、音読を毎日
・勉強嫌いにならないために量を調整
・60%を算数に注ぐイメージ感

特殊算が本格的に登場する4年生。好奇心旺盛でまだゆとりのあるこの学年は基礎学習の習慣化と算数で遅れをとらないようにすることが至上命題。こちらもまずは新学年のペースをつかみつつ、算数の強化を上半期までで図りましょう。

成績逆転の方策は勉強嫌いにならない時間の中で、本当に必要なことをチョイスすること。新学年は子供が1年で最も学習モチベーションが高い時期。心機一転、逆転の1年を過ごしましょう。
2021年01月31日 10:00

中学受験コンサルティング
タカベル

電話番号
090-9366-8695
受付時間
月〜金 10:00~21:00
土日・祝日 10:00 ~15:00
定休日
なし

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2022 (2)

モバイルサイト

タカベルスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら